相続放棄について

相続の際、通常であれば、この不動産は長男、預貯金は長女・・・というように遺産分割協議が行われます。しかし、相続する財産というのは、不動産や預貯金のようにプラスの財産だけでなく、借金などのマイナスの財産も相続の対象となります。
 
では、マイナスの財産ばかりで、相続したくないというときはどうすればよいでしょうか?こういうときは、「相続放棄」という手続きを行うことができます。
 
相続放棄とは、家庭裁判所に申述することで、効力が発生します。
よくある間違いですが、「私は、一切財産をもらっていないから関係ない」とか「財産は長男が全部相続したから借金も長男が払うものだ」と考えている方が非常に多いです。上にも書いた通り、相続放棄は家庭裁判所に申述する必要がありますので、個人が勝手に相続放棄することはできません。
従って、相続放棄の手続をしていない場合、プラスの財産を一切もらっていなくても、依然、マイナスの財産については相続する地位にあるということです。
 
相続放棄の手続は、「自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月」以内に行う必要があります。「知った時から3か月」という期間ですが、通常は亡くなった時からと考えます。しかし、何年も音信不通であり、市町村等からの手紙で初めて死亡を知ったような場合、「知った時」の起算日が変わってくることもあります。亡くなってから3か月を過ぎていたとしても、そのような事情で相続放棄が認められることもありますので、一度、専門家に相談してみることをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL