遺言の方法

遺言の方法は、主に2種類です。以下に紹介する遺言とは別の方法もありますが、あまり利用されるものではないため割愛させてもらいます。

1.自筆証書遺言

文字通り自分で書く遺言です。メリットは、手軽で費用がかからないことです。紙とペンがあれば、その場で遺言を作成することができます。ただし、形式が法律で定められており、間違えると無効になるおそれがあります。法律で定められているのは、書面に全文を自書、日付、押印です。また、内容がはっきりしない場合、後々の紛争につながるおそれがありますので、記載内容(財産、人など)はきちんと特定できるようにしましょう。また、自筆証書遺言の場合、遺言者が死亡した後に、家庭裁判所で検認の申し立てをする必要があります。

 

2.公正証書遺言

公証人に作成してもらう遺言です。メリットは、公証人が作成するため無効になるおそれがほとんどなく、検認手続もいりません。デメリットは、費用が掛かってしまうことと、遺言の内容が公証人や証人(2名が立ち会います。)に知られてしまうことです。

 

◎自筆証書遺言と公正証書遺言のメリットとデメリット

メリット デメリット

・手軽

・費用がかからない

・内容を秘密にできる

・形式不備で無効になるおそれ

・検認手続が必要

・遺言がみつからないおそれ

・偽造、変造のおそれがある

・無効になることはまずない

・公証人が遺言を預かるので紛失することがない

・偽造、変造のおそれがない

・検認手続が不要

・費用がかかる

・内容を知られてしまう

・証人が二人必要

 

実際に遺言が活用できる場面をご紹介しております。

(事例1)子供がいない夫婦の場合

(事例2)相続人の中に行方不明者がいる場合

(事例3)相続人の中に判断能力の不十分な人がいる

(事例4)会社や事業を長男に継いでもらいたい

(事例5)孫や息子の嫁等相続人以外の人に財産を分けたい

(事例6)相続人がいない