遺言とは

遺言とは、亡くなった方の最後の意思表示です。「最後の意思表示」と書くと遺書を連想する方も多いと思いますが、遺言と遺書は全くの別物です。遺言とは、自分が亡くなったとき、自分の財産をどうしたいか。これをあらかじめ自分で決めておくためのツールです。ですから、遺書のように、死を目前に作成するものではありません。

 

遺言がない場合、相続人の間で遺産分割協議を行い、亡くなった方の財産をどうするか決めていくことになります。しかし、遺言があれば、遺産分割協議を経ることなく、遺言者の意思によって、遺言者の財産を振り分けることが可能となります。従って、相続(遺産分割協議)に関して争いが予想されるような場合は、あらかじめ遺言を残すことによって、無用なトラブルを防止することができ。ひいては、残されたご家族の安心にもつながっていくこととなります。

 

→次へ(遺言の方法)進む