孫や息子の嫁など相続人以外の人に財産を分けたい

相続人となるのは、原則として、子や配偶者です。これは民法に定められていることで、個人がどうこうできるものではありません。しかし、お世話をしてくれた息子の嫁やかわいいお孫さんにいくらか遺産を分けてあげたいと考えることもあると思います。

 

このような場合は、遺言を残しておく必要があります。遺言がなければ、どんなに親切にお世話をしてくれたとしても、相続人ではないため、財産を相続することはできません。

 

 

被相続人はX、妻Aはすでに亡くなっています。長男夫婦B,YがXの面倒を見ていましたが、BはXより先に亡くなってしまいました。BY間に子はいません。

 

この状況で、Xが死亡した場合、相続人は子であるCのみとなり、全財産はCに帰属することになります。ずっと面倒を見てきたYは相続人とならないため、Xの財産を相続することができません。

 

少しひねくれた事例に感じるかもしれませんが、XがYに財産を分けてあげたいと考える場合、遺言を作成しておく必要があります。