子供がいない夫婦の場合

子供がいないご夫婦の場合、相続人となるのは、配偶者と親もしくは兄弟姉妹となります。一般的には、親は既に亡くなっていることが多いので、配偶者と兄弟姉妹が相続人となるケースが想定されます。

簡単な例ですが、XY夫婦間に子供はいません。また、Xの両親もすでに亡くなっています。この事例では、Xの相続人は、配偶者である妻のYと兄であるZということになります。仮にX所有の自宅があった場合、名義をYへ変更するためには、YとZ間での遺産分割協議が必要となります。つまり、妻Yは義理の兄であるZとXの遺産について話し合いをしなければなりません。もちろん、良好な関係であれば、そこまで気にすることはないかもしれませんが、あまり付き合いがなかった場合、切り出すのも難しくなってきます。

 

こういった時に、「不動産を妻に相続させる」旨の遺言があれば、妻Yは、兄Zと遺産分割協議をすることなく、名義変更の手続きを行うことができるようになります。配偶者の兄弟姉妹と遺産のことで話し合うというのは、なかなかに気苦労も多くなると思いますので、遺言を残しておくことは、非常に有効な場面となります。