相続放棄

「相続放棄」とは、被相続人(亡くなった方)の財産や負債を相続する権利を放棄することです。相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになります。相続放棄を検討するケースとしては、多額の借金がある場合が考えられます。

 

その他の理由として、「プラスの財産より、マイナスの財産の方が多い」、「被相続人とずっと縁がなく、相続したくない」、「借金はないが、古い家屋、田や山林など管理できない(難しい)不動産がある」など、相続放棄をしたい理由は様々です。

 

相続放棄をした場合、借金を負わなくてよいのはもちろんですが、プラスの財産も相続することはできません相続人でなかったとみなされるので、一切の財産を相続することはできなくなります。この点は、よく注意したうえで、相続放棄をするかどうか検討してください。