相続手続

不動産の名義変更

不動産の所有者が亡くなったときは、相続を原因として、相続人に名義変更を行います。この相続登記に関して、いつまでにしなければならないといった期限はありません。しかし、名義変更をしないまま、手続きを先延ばしにしておくと、さらに相続が発生するなどで手続きが困難になる可能性があります。急ぐ必要はありませんが、早いうちに済ませておくことをおすすめします。

 

当事務所では、多くの方からご依頼をいただき、相続による名義変更手続きを行っております。ご自分で行うのは少し難しいと思う方、平日昼間に法務局へ相談に行く時間がないという方は、当事務所にご相談いただければと思います。相続による名義変更のおおまかな流れは以下のようになります。ご自身で手続きをしようと考えられている方も参考にしてみてください。

 

1.必要書類の収集→詳しくはこちら

2.相続財産の調査、相続人の確定→詳しくはこちら

3.遺産分割協議書の作成→詳しくはこちら

4.法務局へ申請→詳しくはこちら

5.その他(相続放棄)→詳しくはこちら

 

その他の相続手続

不動産以外の財産(預貯金や株など)の名義変更のサポートも行っております。遠方にいるため、仕事があるため、平日の昼間に銀行に手続に行くことが難しい方、また高齢等で手続自体が困難という方でも、当事務所にご依頼いただければ、遺産承継業務として、各種手続きのサポートをさせていただきます。→詳しくはこちら